×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


はじめに
 

ようこそGPWU漫画哲学研究会ウェブサイトへ。
このページでは群馬県立女子大学 漫画哲学研究会について説明させて頂きます。



○ 群馬県立女子大学 漫画哲学研究会とは
群馬県立女子大学のいちサークルです。
読んで字の通りのサークルでございます。漫画「哲学」とありますが、まあやっていることは大体ほとんど皆さまが予想されるものと大差無いかと思われます。
イラストを描き、マンガを描き、はたまた漫画についてアニメについて(ゲームについても?)拳を交えて論じ合う。そして夕日の中でガッツリ握手。嘘です。拳は飛びません。物も飛びません。守備範囲が異様に広いのもこのサークルならでは。大体の話は通じたり、通じなかったりします。ネタにはネタを、いつでも心にはネタを。ネタフォーライフ。


● 年間活動
年に2回、群馬県内の大学と合同でイラスト展を行っています。
また、部誌も年に2回オフセットで発行しています。
参考までに昨年度の活動を記しておきます。
(前期)
5月:新入生歓迎会
6月:イラスト展
7月:部誌発行
(後期)
11月:学祭
12月:イラスト展
2月:CD-ROMイラスト集作成
2月:追い出し会

昨年度の学祭では、ワッフル販売とイラスト展を行いました。また、昨年度は新しい試みとして、年度末にCD-ROMを用いたイラスト集をを作成しました。イラスト展においても、PCで彩色したイラストをプリントアウトし、展示される方もいらっしゃいます。
漫哲は、個々人の個性を大切にした発表形態を考え、実践しております。


● いつでも部員募集中
漫哲はの〜んびりしたサークルです。兼部で入られている方もいらっしゃいます。他のサークルとの両立も可能です。
原稿用紙の使い方が分からない、どのような画材を使えばいいのか分からない、そんな初心者さんも大歓迎です。興味とやる気、あとは少しばかりの紙とインク。それだけあれば十分なのです。



管理人

なまえ:よんまる
じょぶ:漫哲部長兼・管理人
ひとこと:ひょんなことからサークルの部長になってしまいさあ大変。毎日毎日をドタバタ右往左往しながら過ごしています。どうぞよろしくお願いします。
メールアドレス:gpwu_mantetsu2006@yahoo.co.jp
(スパム防止のため文字色を白にしています。アットマークを半角に直して下さい)